...
Run Format

インストール

Goディストリビューションのダウンロード

Download Go クリックしてダウンロードページに移動します

公式バイナリディストリビューションは32ビット(386)、64ビット(amd64)x86プロセッサアーキテクチャのFreeBSD(release 8以降)、Linux、Mac OS X(Snow Leopard以降)、Windowsオペレーティングシステムに対応しています。

バイナリディストリビューションがお使いのオペレーティングシステム、アーキテクチャの組み合わせに対応していない場合は、ソースからのインストールgcの代わりにgccgoをインストールをお試しください。

システム要件

gcコンパイラは下記のオペレーティングシステム、アーキテクチャをサポートします。始める前に、これらの要件がお使いのシステムに合致していることをお確かめください。お使いのOSやアーキテクチャがリストにない場合は、gccgoを利用できることがあります。詳細はセットアップとgccgoの利用をご覧ください。

オペレーティングシステム アーキテクチャ 備考

FreeBSD 8以降 amd64, 386, arm Debian GNU/kFreeBSDはサポートなし FreeBSD/ARMはFreeBSD 10以降
Linux 2.6.23以降(glibcが必要) amd64, 386, arm CentOS/RHEL 5.xはサポートなし ARMのバイナリディストリビューションは現在なし
Mac OS X 10.6以降 amd64, 386 Xcode同梱のgccを利用
Windows XP以降 amd64, 386 MinGW gccを利用 cygwin、msysは不要

gcccgoを利用したい場合のみ必要です。
必要となるのはXcodeのコマンドラインツールのインストールのみです。すでにXcode 4.3以降をインストール済みの場合は、ダウンロード環境設定パネルのコンポーネントタブからインストールできます。

Goツールのインストール

古いバージョンのGoからアップグレードする場合は、まず既存バージョンを削除する必要があります。

Linux、Mac OS X、FreeBSD tarball

アーカイブをダウンロードし、/usr/localに解凍してGoツリーを/usr/local/goに作成してください。例えば、以下のとおりです。

tar -C /usr/local -xzf go$VERSION.$OS-$ARCH.tar.gz

インストールに適切なアーカイブファイルを選択してください。例えば、64ビットx86のLinuxにGoバージョン1.2.1をインストールする場合は、go1.2.1.linux-amd64.tar.gzというアーカイブをダウンロードしてください。

(一般的に、これらのコマンドはrootととして、またはsudoを通じて実行する必要があります。)

/usr/local/go/binPATH環境変数に追加してください。/etc/profile(システム全体へ反映)または$HOME/.profileに以下の行を追加することで設定が完了します。

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

カスタムの場所へのインストール

Goバイナリディストリビューションは/usr/local/go(Windowsの場合はc:\Go)にインストールすることを想定していますが、Goツールを他の場所にインストールすることも可能です。その場合は、インストールするディレクトリを示すGOROOT環境変数を設定する必要があります。

例えば、Goをホームディレクトリにインストールする場合は、以下のコマンドを$HOME/.profileに追加します。

export GOROOT=$HOME/go
export PATH=$PATH:$GOROOT/bin

備考GOROOTはカスタムの場所にインストールする場合のみ設定します。

Mac OS Xパッケージインストーラ

パッケージファイルをダウンロードし、ファイルを開いてプロンプトにしたがってGoツールをインストールします。パッケージは/usr/local/goにGoディストリビューションをインストールします。

パッケージはPATH環境変数に/usr/local/go/binを自動的に追加します。開いているターミナルのセッションがある場合には、再起動して変更を有効にします。

Windows

GoプロジェクトはWindowsユーザのために(ソースからのインストールの他に)2種類のインストール方法を提供しています。環境変数を手動で設定する必要があるzipアーカイブと、自動でインストールの環境設定を行うMSIインストーラです。

MSIインストーラ

MSIファイルを開き、プロンプトにしたがってGoツールをインストールしてください。デフォルトでは、c:\GoにGoディストリビューションをインストールします。

インストーラはPATH環境変数にc:\Go\binを自動的に追加します。開いているコマンドプロンプトがある場合には、再起動して変更を有効にします。

zipアーカイブ

zipファイルをダウンロードし、任意のディレクトリに解凍します。(c:\Goをお薦めします。)

c:\Go以外のディレクトリに解凍する場合は、そのパスにGOROOT環境変数を設定する必要があります。

Goのルート(例えばc:\Go\bin)のbinサブディレクトリをPATH環境変数に追加してください。

Windowsの環境変数の設定

Windowsの場合、「システム」コントロールパネルの「詳細」タブの「環境変数」ボタンから環境変数の設定をすることができます。Windosのバージョンによっては、このコントロールパネルは「システム」コントロールパネルの「システムの詳細設定」となっている場合があります。

インストールのテスト

以下のように、簡単なプログラムを構築することで、Goが正しくインストールされていることをチェックします。

hello.goという名前のファイルを作成し、下記のプログラムを書き込みます。

package main

import "fmt"

func main() {
    fmt.Printf("hello, world\n")
}

次に、goツールで実行します。

$ go run hello.go
hello, world

「hello, world」メッセージが表示されれば、正しくGoがインストールされていることになります。

作業環境のセットアップ

これでほとんど完了ですが、あともう少しだけセットアップが必要です。

Goコードの書き方 Goツールのセットアップ・利用方法を学びます

Goコードの書き方ドキュメントにGoツールを利用する際の基本的なセットアップの説明を記載しています。

Goのアンインストール

システムから既存のGoインストールを削除する場合には、goディレクトリを削除してください。通常は、Linux、Mac OS X、FreeBSDの場合は/usr/local/go、Windowsの場合はc:\Goです。

また、PATH環境変数からGoのbinディレクトリを削除する必要があります。Linux、FreeBSDの場合は/etc/profileまたは$HOME/.profileを編集してください。Mac OS XパッケージでGoをインストールした場合は/etc/paths.d/goのファイルを削除してください。Windowsユーザの方はWindowsの環境変数の設定のセクションをお読みください。

ヘルプを得る

リアルタイムヘルプについては、Freenode IRCサーバの#go-nutsで協力的なGopher達に質問してください。

Go言語のディスカッションのためのオフィシャルメーリングリストはGo Nutsです。

バグのレポートにはGo issue trackerを利用してください。